女性恐怖症?このコロナを転機として、親(世間一般)の目からの脱却を目指す38歳整体師!

10850

女性恐怖症|高橋がなりに人生相談してみたい!と思った方はこちら
⇒https://jinseisoudan.jp/
「まえむき人生相談」公式Twitter
⇒https://twitter.com/maemuki__soudan

高橋がなりの「まえむき」人生相談。
本日の人生相談様は・・・
コロナは自分を変える「転機」になる?
仕事もプライベートも1歩が踏み出せない38歳の独身男性

皆さんも1度はあるのでは?
「自分はこうだと思ったけど、世間一般的にはこうだから。それに合わせておこう」
と思ってしまったことが。

今回の相談者様もそのタイプ。
自分が「こう」と思ったことよりも「世間一般的」にどうしても流されてしまう。

特に相談者様にとっては「世間=親」となってしまった、という。
その為「違う意見」があったとしても、親にモノを言えなくなってしまったとか。

それは、「女性恐怖症」という部分にも繋がってしまったよう。

「もう38歳になってしまったので、今更…みたいなところが…」
苦笑い的に相談者はいう。

高橋がなり先輩は、これからまだ何十年も仕事をしなくてはいけない事実
を突き刺しつつ、60歳になったときに「幸せ」であることの清々しさを提唱する。

これから「完全独立」し「整体師」として1歩を踏み出していく前に、
意識改革を高橋がなり先輩は促していく。

自ら「親離れ」を意識しつつ、
「女性恐怖症」などのトラウマ的原因と考えていた
「親」との向き合い方と、「女性」への向き合い方、
それらすべてが「仕事」につながって・・・。

「2兎を追うな」
「1兎を捕まえれば、芋づる式で付いてくる」

がなり流。 「まえむき」人生相談で挑む。
↓高橋がなり率いる、人生の先輩に相談をしてみたい方はこちら↓
https://jinseisoudan.jp/